sony CLEDIS 01ソニー ビジネスソリューションは16日、映像制作業界関係者向けの新製品内見会を開催し、微細なLED素子を使うディスプレイ技術「CLEDIS」を用いた新方式のディスプレイシステムを国内初披露した。

CLEDISは、2012年に開発発表した「Crystal LED Display」の技術をベースに、大画面が求められる用途に向けて提案するスケーラブルなディスプレイシステム。画面表面にRGBの微細なLED素子を配置した画素を、画素毎に駆動させる自発光のディスプレイ方式を採用。光源サイズを0.003mm2と微細化し、画面表面の黒点が占める割合を99%以上に高め、素子の広配光性能などと組み合わせることで、高コントラスト、広視野角、広色域の映像表現を可能とする。動画応答性能にも優れており、最大120fpsのフレームレートで表示できる。



ディスプレイユニット「ZRD-1」とコントローラ「ZRCT-100」から構成され、必要な画面サイズに応じて、ZRD-1の枚数を追加してい くことで、大画面を実現。ZRD-1の1枚の画素数は320×360ドットで、外形寸法は403×453mm。フルHDの場合、ZRD-1を18枚利用 し、横2.4m、縦1.35mの約110インチを実現、4K/2Kでは、72枚のZRD-1用いて220インチを実現できる。

今回披露し たCLEDISは、フルHDの110型でZRD-1を18枚利用。Display Portから入力したHDR映像やCG映像が体験可能となっていた。明るい環境下でも驚くほどコントラストが高く、また色純度も高い。自然の風景だけでな く、CGの赤色も鮮烈で、デジタルサイネージ向けの大型液晶では難しい、輝度と色のダイナミックレンジが体験できた。輝度は1,000cd/m2。

驚 かされたのは視野角。スペックシートでも「ほぼ180度」としているが、実際にほぼ真横から見ても、色が抜けて見えることはない。湖を飛ぶ鳥の映像を、正 面から45度以上ずれた場所から見ても、色や質感はそのままで鳥の胴体や羽根の奥行き感もそのままに感じれる。ディスプレイを見ているというより、実際の 風景のように見えるのだ。自発光デバイスかつ高輝度なCLEDISだからこその質感と感じた。

大画面と高コントラスト、高輝度、高応答性 などを活かして、工業デザインの現場や文化施設、管制室などの導入を想定。例えば、車のデザインやショールームで、横長のCLEDISを設置し、実物台で 自動車のデザイン調整やカラー選定などを行なう、といった応用を見込んでいる。価格については、設置事例やシステム構成によって異なるが、2017年 1~3月ごろの導入に向け、複数の商談が進んでいるとのこと。