中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の安峰山報道官は25日、台湾の蔡英文政権が5月20日の発足以降、「(中国大陸と台湾は一つの国だとする)一つの中国の原則という共同の政治的基礎を認めていないので、両岸(中台)の対話メカニズムは既に止まっている」と語った。
国営新華社が伝えた。中国は台湾独立を志向する蔡政権との当局間対話を事実上、停止していたが、当局者が明言したのは初めて。