ジャパンディスプレイの株価が続騰した。13時52分現在、前日比17円(10.37%)高の181円と東証1部の値上がり率4位で推移している。   
4日提出の大量保有報告書で旧村上ファンド出身者が設立したエフィッシモ・キャピタル・マネジメントが同社株式の5.44%に当たる3268万6800株を取得したことが判明し、需給思惑が台頭した。保有目的は純投資としているが、過去にはフタバ産業、テーオーシー、セブン情報システムズ、ヤマダ電機などの株式を大量取得、株主還元強化の要求を出すなどして株価が大幅高となった経緯があるだけに、同様の連想が働いている。