アップルの新スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)7」シリーズに対する予約の出足が、米国で好調であることが分かった。9日から予約受け付けを始めた米携帯3位TモバイルUSと、ソフトバンクグループ傘下で4位のスプリントが13日、相次いで予約件数が「過去最高水準になった」と公表した。

 Tモバイルによると、9日から12日までの4日間の予約件数は、過去に最も売れたiPhoneの機種と比較して約4倍になったという。また9日の予約件数は、1日の実績としては「スマホ史上で最高」を記録した。一方でスプリントは、当初3日間の予約件数が前年の「iPhone6s」シリーズの約4倍になったと発表した。



 Tモバイル、スプリントともに、具体的な予約件数は公開しない。両社はiPhone7発売に先立ち、上位2社が提供していないお得感の高い「使 い放題プラン(通話、データ通信を含む)」を刷新して、他社から顧客を取り込む環境作りを進めてきた。こうした販売努力が好調な出足に貢献した可能性があ る。

 首位のベライゾン・コミュニケーションズと2位AT&Tは、iPhone7の販売状況についてはコメントしていない。アップルは今回、出足の販売状況を公表しない方針を明らかにしており、米通信大手による販売データに注目が集まっていた。