Appleの主要サプライヤーであるFoxconnの中国山西省の施設において、iPhoneの修理およびメンテナンスサービスを行なう許可が、地元政府から下りた模様です。Economic Daily News(EDN)の報道をDigiTimesが伝えています。

記事によれば、Foxconnはすでに今年3月より、中国河南省においてiPhoneの修理およびメンテナンスサービスを開始しています。河南省にはアメリカ、イギリス、日本、オーストラリアを含む7ヵ国から、故障したiPhoneが送られて来ているとのことです。
 
修理やメンテナンスを中国のFoxconnに委託することで、Appleはこれらのコストを40%削減できる、とEDNは報じています。



つまりApple StoreのGenius Barに持ち込んだ、ハードウェアに不具合のあるiPhoneは、もちろんすべてではないにせよ、現在中国河南省のFoxconnで修理されているということになります。
 
山西省の施設にも許可が下りたことにより、Foxconnに送られる故障したiPhoneの台数は、今後さらに増えることになるでしょう。