JDI有賀社長ver2需要が高まる有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)から流れを引き戻す構えだ。「成長の余地は確実にある」と断言する有賀修二社長兼最高執行責任者(COO)に、液晶ディスプレーの勝算や今後の展望を聞いた。

―液晶重視を決めた1番の理由は。
  「樹脂フィルムを使ったシート型ベンダブル(曲げられる)液晶を形にできたことにある。『これからのディスプレーは有機ELだ』との風潮を受け、年明けごろから液晶の強みと弱みを検証し、曲げられない点が唯一の弱点だと認識した。特に課題だったのがバックライトの対応だったことから、サプライヤーと開発を進め、技術の確立にめどを付けた。夏ごろにはシート型液晶を形にした」

―具体的なロードマップは。
  「17年に4辺を狭額縁化し異形状にも対応する液晶パネルを投入するほか、18年には低消費電力でベンダブルタイプのシート型液晶を投入する。19年にはフレキシブルにも対応したい。ただ顧客からの要請に備え、有機ELパネルも開発し、液晶と両にらみで進める」




保存

  ―シート型液晶パネルの量産に向けた体制をどう構築しますか。
  「サプライヤーの間でも有機ELに置き換わることに危機感が高まっている。基板となるフィルムから偏光板、薄いフィルムを貼り合わせるモジュール工程など、日本の製造装置メーカーと組んでサプライチェーンを構築したい。フレキシブル有機ELパネル向けの製造装置は、シート型液晶パネルにも応用できる。異業種連携も進めて仲間を増やしたい」

Move to full article