iphone7_black4
しかし問題は、有機ELパネルの主要供給元であるサムスンディスプレーとLGディスプレー、シャープ、ジャパンディスプレイの4社は、新型アイフォーン用ディスプレーを全て生産できる能力が来年中に十分に整わないことだ。2018年も制約は続く見通しで、アップルにとって難題となる可能性があると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
有機ELパネルは生産が比較的難しく、アップルは量産化に引き続き取り組んでいる供給元の能力に左右される状況だという。サムスンは来年、有機ELパネルの単独サプライヤーとなる方向を目指しているものの、歩留まりが低いため増加するアイフォーン需要を満たせるほど十分に生産できない恐れがある。


こうした供給上の制約から、アップルは次世代アイフォーンの1機種だけに有機ELを採用するか、採用の延期を余儀なくされる可能性もあり、そうなれば他の問題も招きかねない。
複数の関係者によれば、アップルはアイフォーン発売10周年に当たる来年、新型機種の少なくとも1つには有機ELの表示装置を採用する計画。凱基証券(KGIセキュリティーズ)の郭明錤アナリストは、有機ELパネルの供給不足などを理由に他の新型2機種は従来の液晶表示装置(LCD)技術を使う可能性が高いとみる。
Move to full article