サムスンは近年、ディスプレイの技術の向上に力を入れてきた。2015年に発売したGalaxy S6では世界初のデュアル・エッジ・ディスプレイを投入した。このディスプレイはシャオミのMi Note 2やファーウェイのMate 9 Proにも使われ、アップルも来年のiPhoneに投入する見込みだ。

そのサムスンが次に投入するのが「折り畳み可能なディスプレイを持つスマホだ」だ。この新端末は「Galaxy X」と呼ばれる可能性が高く、2017年に発売されるとブルームバーグが報じた。この端末はかなり高価になることも予想され「発売に踏み切るかどうか検討中だ」と韓国メディアのコリアヘラルドは伝えた。



しかし、Galaxy Xが来年投入される確立は高い。シャオミは10月にリリースしたMi MIXで、ベゼルが無い近未来的デザインをアピールし「アップルのマネばかり」との悪評を払しょくすることに成功した。

サムスンとしてもGalaxy Note 7でガタ落ちとなった評判を、革新的なデバイスで回復したい意図がある。現代証券のアナリスト、ジェフ・キムらは「サムスンは折り畳みスマホの発表で、スマホ市場における技術的リーダーシップを得たいと考えている」と分析する。

Galaxy Xの2017年の出荷台数はわずか100万~300万台程度と現代証券は予想する。「サムスンはこの端末で儲けることよりも、自社のイノベーションを世界にアピールしたい狙いがある」とアナリストらは分析する。

サムスンは2013年にも世界初の湾曲ディスプレイスマホGalaxy Roundのコンセプトモデルを発表している。Galaxy Xの価格は、湾曲ディスプレイの有機ELスマホより3~5割高くなると現代証券は試算する。高い価格に消費者は二の足を踏むだろうが、すぐに価格も落ちるとみられる。

「フレキシブルな有機ELについてもサムスンはわずか2年で生産力を高めた。折り畳みスマホの価格は将来的にはネックにはならないだろう」と現代証券は言う。

世界のスマホメーカーらはいずれも差別化に苦しんでいる。ディスプレイは差別化ができる最大のパーツの1つであり、折り畳み可能ディスプレイは次の業界スタンダードになるかもしれない。