台湾の経済紙『工商時報』は2016年12月5日付で、米アップル(Apple)が同年9月に発表し、同年11月から供給を始めた新型ノートパソコン「MacBook Pro」のうち、ファンクションキーの機能などを持つタッチ操作対応の有機EL(OLED)ディスプレイ「Touch Bar」搭載モデルのサプライヤーについて、OLEDパネルは韓国サムスンディスプレイ(Samsung Display)、タッチセンサーは台湾TPK(宸鴻)と中国Biel Crystal(伯爾尼)、貼り合わせはTPKがそれぞれ受注したと報じた。