出光興産は、韓国で有機EL材料の製造設備と評価装置を増強する。100%出資子会社の出光電子材料韓国で実施する(ニュースリリース)。2016年12月に着工し、2017年度上期中に完了させる予定だ。
これにより出光興産は、日本の国内外で有機EL材料の安定的な供給と評価体制の構築を図る。



 今回の製造設備の増強により、出光電子材料韓国の年産能力は5tから8tに増える。これにより、出光興産の御前崎製造所(静岡県御前崎市)と合わせたグループ全体の年産能力を、現在の7tから10tに高める計画。併せて、有機EL発光素子の評価装置も導入する。既存の有機EL材料の評価装置に加えて有機EL発光素子の評価装置を加えることで、顧客への技術支援を強化する。
 有機ELは、スマートフォンや大型テレビ受像機への採用が進んでいることに加え、車載ディスプレーなどへの普及も見込まれる。これに伴い、有機EL材料の需要拡大が予測されることから今回の増強を決めた。