大手調査会社のIHSマークイットは、1月25~26日に国内最多の受講者数を誇るFPD市場総合セミナー「第32回IHSディスプレイ産業フォーラム」を東京コンファレンスセンター・品川(東京都港区)にて開催する。その注目の講演内容を登壇アナリストに全3回にわたって聞く。今回は「FPD市場総論」を担当するシニアディレクター(台湾)のデビッド・シェー(謝勤益)氏に話を伺った。
―中小型パネル市場ではやはり有機ELへの注目度が高いですね。
謝)2017年FPD市場の注目点は、1)液晶パネルの価格、2)有機EL、3)フォックスコングループのテレビ戦略の3つだ。1)については、2016年後半からテレビ用パネルの供給不足が顕著になり、サイズによって異なるが、6~12月は総じて30~50%値上がりした。だが、引き続きテレビメーカーの購買意欲は強く、2017年前半には新たに稼働する工場がないため、パネル価格は高止まりが続く。供給にゆとりが出てくるのは、新しい生産能力が寄与してくる2017年後半になるとみている。


―3)では、フォックスコン+シャープ+イノラックスの垂直統合がどのように進むでしょうか。
 謝)シャープの黒字転換、中国テレビ市場でのシャープブランドの強化・拡大、パネル増産への新規投資という3段階で進むとみている。すでにシャープは、現在の高いパネル価格も追い風にして、2016年7~9月期から全社ベースで黒字に転じた。フォックスコンは今後、イノラックスとシャープの生産能力を1つに考え、OEMビジネスを拡大し、得意とするテレビの組立で原価低減を推し進め、中国市場でシャープブランドのテレビの存在感を高める戦略に打って出てくる。
Move to full article