パナソニックが、テスラモーターズとともにニューヨーク州バッファローにある元ソーラーシティの工場で太陽電池モジュールの生産を開始すると発表しました。パナソニックはテスラのバッテリー工場「ギガファクトリー」で提携をしており、今度は太陽電池モジュールでもその関係を強化していく構えです。

バッファロー工場にはパナソニックが生産ラインを構築し、生産開始は2017年夏頃になる見込み。当面の目標としては「2019年までに1GWの生産能力に拡大」を掲げています。

テスラとの提携により、パナソニックの太陽光パネル生産能力はこれまでの2倍近くにまで増加すると考えられますが、その約半数はテスラが今後10年間にわたって購入するとのこと。日経新聞などの報道では、パナソニックはテスラへの納入のため現在は創業を休止している二色の浜工場(大阪府貝塚市)でも太陽電池モジュールの生産を再開し、テスラに供給する方針とされます。



なお、バッファロー工場で生産する住宅用太陽電池パネル「ソーラールーフ」はテスラの住宅用蓄電製品であるPowerwallなどとの接続性を確保しており、シームレスな連携が可能とのこと。内部の太陽電池モジュールはパナソニック製となります。またパナソニックはソーラールーフ以外の太陽電池製品の生産も行います。

EVメーカーとして独走するテスラの心臓部とも言えるバッテリー、そして電力供給源となる太陽電池モジュールで提携することで、パナソニックはテスラにとって欠かすことのできないパートナー企業の地位を固めています。

ちなみに、バッファローの工場はいずれもイーロン・マスクが筆頭株主のテスラとソーラーシティが、グループ内で電力の生産と家庭用蓄電設備、EVの充電設備を一貫供給するために建設したものです。しかし、ソーラーシティの経営悪化などからすでに関係が深く太陽電池でも実績のあるパナソニックに工場を任せる案が浮上し、パナソニックはそれに応える条件としてテスラがソーラーシティを買収することを提案していました。