2016年12月14日、「シャープが2017年に韓国サムスンへの液晶パネル供給をストップする」、とのニュースが流れた。シャープに資本参加した鴻海精密工業(HONHAI)とサムスンというライバル企業同士が一触即発に陥った。韓国メディアは”鴻海の奇襲”と見出しを付けて報道した。
市場での需給関係を計算したのち、顧客に対して値上げを宣言、特にサムスンに対しては、従来より2倍の価格を提示した。この顧客は失ってもかまわないと言わんばかりだ。これで郭会長は、市場の主導権を獲得し、業界に衝撃を与えた。


いまや「鴻海帝国」は、全世界に戦線を広げている。中国からインド、メキシコからチェコ、さらに米国での生産も計画している。世界各地の従業員は約125万人。従業員数で見ると、現在では世界最大の製造業だ。移動する司令塔である郭会長が行く先々では現地の産業に激震が走る。
「鴻海は米国での潜在的な投資のチャンスを評価しているところで、それによって現地での業務を拡大したい。投資の内容に関しては今のところ未定だが、引き続き米国の関係機関と直接議論したうえで、ウイン・ウインの関係となることを条件に計画の詳細を公表する」。
Move to full article