jdi flex lcd p1
ジャパンディスプレイ(JDI)は1月25日、曲げることができる液晶パネルを開発したと発表した。基板に従来使用していたガラスではなくプラスチックを採用することで、これまで液晶パネルでは難しいとされてきた曲面形状の加工を可能にした。フレキシブル性や薄さを武器に台頭している有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルの対抗商材として、顧客の早期開拓を進める。


 同日都内で技術説明会を開催したJDIは、開発中の最先端ディスプレー各種を報道陣に公開した。中でも最も高い注目を集めていたのは、曲げることができる液晶パネル「FULL ACTIVE FLEX」だ。 「有機ELだけではなく、液晶でもフィルム基板を使ったフレキシブルなディスプレーが可能なことを実証した」(JDIの瀧本昭雄CTO=最高技術責任者)。
公開したパネルは5.5型のフルHDで、紙のようにペラペラと曲げることができる。高耐熱かつ高透過のフィルム基板の開発や、曲げても安定して表示できる液晶配向の技術を確立したことで実現した。
Move to full article