ブルー01
アメリカ光学会(Optical Society of America: OSA)は1日(現地時間)、国際的な研究チームらによって、新たな「ブルー相液晶」が開発されたと発表した。  この新開発の液晶は、次世代ディスプレイの有望技術とされるフィールドシーケンシャル(色順次駆動方式)カラー液晶ディスプレイ(LCD)向けに最適化されているという。
 セントラルフロリダ大学 光学レーザ研究教育センター(CREOL)の研究チームを率いたShin-Tson Wu教授は、現在のAppleのRetinaディスプレイは、500ppi(1インチあたりのピクセル数)の解像度を持っているのに対し、今回の新技術では、同サイズの画面で3倍に相当する1,500ppiを達成できたとしている。  Wu教授は、「目の近くに配置され、鮮明度のために小サイズの画面で高密度が必要となる、VR(仮想現実)ヘッドセットやAR(拡張現実)技術にとって特に魅力的な技術になる」と述べている。


ブルー相液晶は、従来のネマチック液晶と比較して約10倍の速さでスイッチング/制御できるのが特徴で、カラーフィルタを用いた場合には、赤緑青の光が同時に生成されるのに対し、ブルー相液晶を用いた色順次駆動方式LCDは、ブルー相液晶の「ミリ秒未満の高速な応答時間」という特性を活かし、赤青緑の各LED色を順次素早く切り替えて液晶を通して送ることで、カラーフィルタ不要で色を形成する。
Move to full article