アップルは「iPhone(アイフォーン)」の次世代ディスプレー供給をめぐり、中国の京東方科技集団(BOE)と協議していることを事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ディスプレーはアイフォーンの主要部分であり、これまで韓国のサムスン電子が提供してきた。
 関係者の1人が語ったところでは、アップルは数カ月にわたり、京東方科技のアクティブマトリクス式有機ELディスプレーの試験を行っているが、同社をサプライヤーに加えるかどうか決定には至っていない。
交渉は初期段階で、次期アイフォーン向けにディスプレーを供給する可能性は低いが、京東方科技は2018年以降の採用を期待しているという。
京東方科技がサプライヤーとして選ばれれば、日本と韓国メーカー以外でアップルにスクリーンを供給する最初の有力企業になる。
アップルは世界的な有機ELディスプレー不足への対応策を探っていた。アップルと京東方科技は、いずれもコメントを控えている。