山田高明氏がアゴラに投稿された「次世代テレビは韓国の勝ちだ」を読んで、考えさせられるものがあった。 私自身、日本の精密・電機メーカーの一員として、韓国企業を始め世界中のライバル企業に負けまいと努力してきたからだ。
しかし、2017年現在、電機分野において日本企業が韓国企業に負けているのは確かな事実である。直近の決算ではサムスンが約2兆6千億円の営業利益、LG電子が約1200億円の営業利益である。日本の電機メーカーが束になっても敵わない数字だ。
私がメーカーに就職した2005年頃から、電機・精密メーカーはどこも有機ELの研究・開発を積極的に行なっていた。
パナソニック、ソニー、シャープ、東芝、日立の電機メーカーはもちろん、キヤノン・ゼロックス・リコーといった精密機器メーカーも研究開発に参加していた。
ソニーや東芝も有機ELから背を向け、液晶テレビの高画質化に力を入れるようになった。その結果、液晶テレビの弱点と言われた「低速」を克服する240Hzの高速フレーム映像処理や、「低コントラスト」を克服するバックライトのエリア制御を開発し、液晶テレビの画質は有機ELにも匹敵する進化を遂げていった。
このように、日本の電機メーカーは液晶テレビという分野でガラパゴスな進化をすることを選び、有機ELという次世代の分野で完敗した。この敗北は、もはや取り返しがつかないだろう。 また、この「ガラパゴスな戦術にこだわる」傾向は電機メーカーに限ったものではない。今は好調な自動車メーカーも同様である。
Move to full article