三菱化学はディスプレー用色材(カラーレジスト)事業で有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)分野へ本格参入する。2017年度内にモバイル向けでバンク材(隔壁材)の採用を目指す。テレビ向けの発光材料も売り込む。現状のテレビ、スマートフォンは液晶が主流だが、中長期的に有機EL比率が高まると予想。液晶部材で培った技術や顧客網を活用して新規分野へ攻勢をかける。

三菱化学が有機ELディスプレー向けに開発した画素を区切るバンク材は黒色が特徴だ。光の反射防止が主な役割で、現状の透明なバンク材から置き換えを目指す。液晶用カラーレジストの技術を応用した。有機ELパネルの現行製法である「蒸着方式」に対応し、まずモバイル分野での採用を狙う。

一方、早ければ18年内の採用を目指すテレビ向け発光材料は「低分子」と呼ばれるタイプ。理論上で大型有機ELパネルを低価格に生産できる新製法の「塗布(印刷)方式」向けで、従来課題とされてきた塗布特性を改良した。

競合する「高分子」の発光材料と比べて、色純度や寿命などの基本性能では有利という。数年前まで定説だった塗布時の不均一性がほぼ解消されており、テレビのような大型有機ELパネル製造で本命視される塗布方式への適用も可能になりつつある。

現在は日韓を中心に大手パネルメーカーと商談を進めている。足元の有機ELパネル市場は、モバイル向けを韓国サムスン電子、テレビ向けを同LGディスプレーがほぼ独占している。

特にLGは今後、塗布方式の大型パネル生産への大型投資を計画しており、関連部材の受注競争も激しさを増している。

有機ELのすべて
城戸 淳二
日本実業出版社
2003-02