170317_skper_08
スカパーJSATホールディングスの子会社であるスカパー・ブロードキャスティングは3月17日、4K HDR中継車「SR-1」の完成披露会を開催した。4月12日に放送するJリーグYBCルヴァンカップで本格導入する。
 4K HDR中継車は、全長11メートル、全幅2.495メートルの大型トラック。中継車本体の機能を担う「SR-1」と、80kVA発電発動機を備えた支援車「SA-1」の2台1組で稼働する。


 スカパー!では、HDRフォーマットを「4K HDR S-Log3/BT.2020」(S-Log3)で統一。必要な放送方式には、S-Log3をBT.2100(HLG/ST2084)、BT.2020(4K SDR)、BT.709(HD SDR)などへ最終段で変換処理する。
 今後はHDRとSDRを同時に処理するサイマル制作の増加が予想されるが、それについてはHDRとSDRのゲイン差をつけることで対応する方針。ゲイン差の設定値は収録環境の明るさによりケースバイケースだとしているが、マイナス4~10dB程度の差をつけるという。
Move to full article :スカパー!4K HDR放送に本腰--Jリーグルヴァンカップを専用中継車で放送