今月韓国で行われたThe 3rd OLED Korea Conference のキーノートスピーチの内容の紹介記事が掲載されました。

 - What is the key to successfully commercializing the Next Flexible OLED?

要点をまとめてみますと、三星の主席研究員のTaewoong Kim氏のキーノートスピーチで、フレキシブル有機ELの商業的な成功のための3要素を、技術ブレークスルー、新たなアプリケーション、戦略的パートナーを指摘。

技術ブレークスルーとしては、
カバーウインドゥや有機・向き材料の表面コーティングの耐久性、
柔軟な敗戦材料と低抵抗のタッチパネル
封止構造の総数削減と柔軟性
低ストレスと柔軟で頑強なバックプレーン

新たなアプリケーションとしては、柔軟性とポータビリティを最大限に発揮できるので例えば靴や時計・メガネにも適用できるのではないか?

ライフ・健康 (Life & Health)
運搬 (transportation)
壁面ディスプレイ (wall display)
Internet of Things (loT)
広告(signage)
Portable Information Device (PID)
教育 (education)

戦略的パートナーとしては、スマートフォンでの成功例として差別化を達成するwin-win関係の構築が必要


と概説と言えばそれまでになりますが、あまり新情報が無いですね。