ジャパンディスプレイ(JDI)は18日、3月に発表した6月21日付の役員人事案を変更し、有賀修二社長(58)の続投と、社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する予定だったJOLED(ジェイオーレッド)の東入来信博氏(68)が会長兼CEOに就任すると発表した。
経営トップのCEO職は予定通り東入来氏が務め、代表権は同氏のみが持つ。



 取締役に降格される予定だった有賀氏は「経営の連続性を重要視」(同社)し、社長兼最高執行責任者(COO)を続投する。開発部門出身で主要顧客を長年担当してきた有賀氏を、筆頭株主の産業革新機構が留任させた格好だ。

 革新機構の勝又幹英社長(56)がJDI社外取締役に就くことも発表。3期連続の最終赤字を計上し、業績不振が続くJDIの経営再建を支える。革新機構から派遣される社外取締役は1人から2人に増える。