一般社団法人 電子情報技術産業協会(以下、JEITA)の新会長に、パナソニックの代表取締役会長である長榮周作氏が就任した。5月26日に開催された第7回定時社員総会で、前会長である東原敏昭氏(日立製作所 代表執行役社長兼CEO)が、任期満了により会長を退任したことを受け、長榮氏が新会長に就任した。任期は1年。
長榮氏は平成29年度(2017年度)の取り組みとして、世界に先駆けた超スマート社会の実現「Society 5.0」の推進を事業指針とし、異業種・ベンチャー・海外などとの連携を進める。成長分野にかかわる課題の検討、政府への提言も実施していく。特に会員の競争力競争力向上のための事業環境整備、「CEATEC JAPAN」の変革、体制強化を集中的に取り組んでいく。


 具体的な取り組みとして長榮氏は、「社会課題の解決をテーマに据えて、あらゆる産業がつながることによる新たな価値創出を具現化し、Society 5.0のイノベーション、ショーケースを目指す。その実現のために、政府との連携、経済界との連携、海外との連携を実現する」という。
 また、JEITAに近い存在ではありながら、会員ではなかったソフトウェア産業に対しても、「IoTにおいてソフトウェアは重要な役割を担う存在。ソフトウェア業界からの会員も歓迎したい」(川上常務理事)と参加を歓迎する。
Move to full article