2250ppiと超高精細の液晶パネルを、韓国Samsung Display社が開発した。同社は米国ロサンゼルスで開催された学会「Society for Information Display(SID)」(2017年5月21~26日)の展示会で開発品を披露するとともに、シンポジウムで技術の詳細を発表した。レンズで拡大した映像を見せるVR/AR用途には「2000ppi以上の高精細が求められる」(同社)ことから、2250ppiという超高精細パネルを開発したとする。



 開発した液晶パネルの画面サイズは1.96型、画素数は4K(3840×2160画素)である。画面サイズがより大きな液晶パネルを今後開発できるように、基板にはSiウエハーではなくガラスを用いた。バックプレーンは低温多結晶Si(LTPS)TFTである。サブピクセルのピッチは3.76μm、画素ピッチは11.28μm。

 超高精細化の課題は、画素の微細化と、画素間の干渉の対策だった。こうした課題を解決するために、同社は3つの技術を開発し、導入した。第1は、RGBの3つのサブピクセルを三角形状に配置する「スタガー型」と呼ぶ新しい画素配列。第2は、TFTのチャネル長を75%に削減した短チャネルTFT。第3は、コンタクトホールと配線を1μmレベル、カラーフィルターを4μmレベルで形成する製造プロセスである。

 同社はこの超高精細液晶技術を、自然な立体視が可能なライトフィールドディスプレーやホログラムディスプレーにも展開していく考えだ。例えばスマートフォンでこのような立体視を実現するためには、画面サイズを5型クラスに大きくする必要がある。今回の超高精細技術はガラス基板の使用を前提にしているため、Siウエハーを使う超高精細パネルとは異なり、画面サイズの拡大に向くという。