2_r米アップルが2018年後半以降に発売する3機種のスマートフォン(スマホ)で、画面に有機ELパネルを採用することを検討していることが分かった。サムスン電子など韓国勢が供給の中核を担う見通し。ただ、サムスン電子などの供給能力の問題もあり、3機種すべてで有機ELパネルの採用が実現するかどうかは不透明な面も残る。  
複数の関係者が「アップルは18年後半に3種類のiPhone(アイフォーン)を発売し、いずれも有機ELを採用する方針だ」と明かした。



 有機ELは発色が鮮やかで、画面を曲げられる特長がある。アップルはデザインの自由度が広がる有機ELのメリットを重視。スマホ市場でのシェア拡大に向け可能な限り早く転換を進める構えのようだ。ただ、パネル業界では18年には供給体制が整わないとの見方が根強く、採用時期がずれるなどの可能性がある。

 今年後半にも発売が見込まれるiPhoneではハイエンドの1機種のみが有機ELを採用し、サムスンが独占供給する。来年以降も同社や韓国LGディスプレーが供給を担う公算が大きい。業界では今年のiPhoneの出荷台数2億6千万台のうち3割弱が有機ELを採用し、18年モデルでは比率が8割弱へと高まるとの見方がある。

 アップル製スマホへの有機ELの採用について日本経済新聞の問い合わせに対し、現時点でアップルからの回答はない。

 一方、液晶パネルのサプライヤーであるジャパンディスプレイ(JDI)やシャープは受注を大幅に減らす可能性がある。両社も有機EL技術の開発を急ぐが、まだ量産のメドは立っていない。JDIは16年度の売上高のうち53.8%をアップルに依存し、有機EL化が一気に進めば、影響は避けられない。