ge us従来機種が“ガラケー”なら、新機種は“スマートフォン”――。GEヘルスケア・ジャパンは2017年7月7日、携帯型超音波診断装置「Vscan」シリーズの新機種「Vscan Extend」を発売する。タッチスクリーン機能を備えた5型液晶ディスプレーやWi-Fi機能を搭載し、スマートフォンのような操作性を実現。起動時間も最短1秒に短縮した。急性期医療や在宅医療を含むプライマリケアに向ける。
7月6日に東京都内で開催した新製品発表会では、GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長兼CEOの多田荘一郎氏が登壇。Vscanは、同氏が超音波診断装置事業を担当していた2010年10月に初号機を発売した製品で、日本での累計販売台数は5200台を超えた。



「地域別に見て、Vscanは日本で最もよく使われている。日本の課題やユーザーの声が設計に盛り込まれている点が、Vscanの特徴だ」(多田氏)。

 Vscan Extendは「ハードウエアとしては、かなり革新的な技術を搭載した製品」(GEヘルスケア・ジャパン 超音波本部 プライマリケア部 部長の清水俊博氏)。本体の液晶ディスプレーを従来の3.5型から5型へ大型化し、視認性を向上。タッチスクリーン方式を採用し、スマートフォンのように直感的に操作できるようにした。本体寸法は168mm(縦)×76mm(横)×22mm(奥行き)で、重さはプローブを含めて441gと従来機種並みである。