経営難のジャパンディスプレイ(JDI)が4000人規模の削減と外部資本の受け入れを検討しており、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)や中国Tianma Micro-electronics(天馬微電子)、中国BOE(京東方)に出資を打診していると2017年8月8日付で共同通信が報じた。
これについて、フォックスコンの地元台湾の新聞『経済日報』は同9日付で、「鴻海、JDIの2強連合でウインウイン」と題する記事を掲載した。