EIZOは、輝度1,000cdm2、コントラスト100万:1の映像制作市場向け31.1型 4K/HDR液晶ディスプレイ「ColorEdge PROMINENCE(プロミネンス) CG3145」の発売日を12月18日に決定した。価格はオープンプライスで、直販価格は285万円。11月15日~17日に幕張メッセで開催される「Inter BEE 2017」にも展示される。



 映像制作市場向けの4K/HDR対応リファレンスディスプレイで、DCI規格の4,096×2,160ドットのパネルを採用。液晶モニターで世界初となる100万:1の高コントラストや、1,000cd/m2の高輝度が特徴。特にHDR映像制作の最終色調整(カラーグレーディング)での利用を想定し、HDRコンテンツ評価に必要な高輝度、高コントラスト、入出力特性(ガンマ)に対応する。4月のNAB Show 2017で発表され、12月発売予定としていた。

 HDR方式は、PQとHybrid Log Gammma(HLG)に対応。新型のIPS液晶パネルと、専用の高輝度バックライトユニットの組み合わせにより、明暗比の大きい部分の輪郭がにじむハロー現象を抑え、HDR映像のカラーグレーディング作業において正しい色評価が行なえるとする。10bit入力に対応し、24bit内部演算処理によって、HDR映像をより高い精度で再現可能としている。