先日iPhone8/8 Plusが発売されたばかり、iPhone Xにいたってはまだ予約も開始されていませんが、すでに2018年発売見込みの次期iPhoneに関する噂が浮上しています。
 
The Bellによれば、Appleは来年、6インチ超えの有機EL(OLED)およびLCDを搭載した2モデルをラインアップに追加するとのことです。

同メディアによると、Appleは当初来年版iPhoneのディスプレイをすべてOLEDに変更し、5.28インチ、5.85インチ、6.46インチのOLED搭載モデル3機種の発売を検討していました。
 

しかし5.28インチiPhoneではあまり売上が期待できないと判断、最近になって5.28インチOLEDモデルの開発を中止したとのことです。一方でジャパンディスプレイに6インチ超iPhone向けのLCDを発注した、とThe Bellは報じています。
 
ただしこの6インチ超モデルが現行のLCD搭載モデルであるiPhone8/8 Plus(4.7インチ、5.5インチ)に追加されるのか、それとも完全に置き換える形になるのかは、今回の記事では触れられていません。しかしOLED搭載モデルが2機種、LCD搭載モデルが3機種の計5機種展開というのは、可能性が低そうです。

The Bellは、Appleは小さなスクリーンサイズのiPhoneを維持したいと考えていたものの、スマートフォンで動画を視聴するユーザーの増加に伴い、大型スクリーンの需要のほうが高まっていると判断、5.28インチOLED搭載iPhoneをあきらめたと伝えています。