中国電機大手、海信集団(ハイセンス)の日本法人は13日、4K対応大型液晶テレビの旗艦モデル「ワールドカップオフィシャルTV」を12月に発売すると発表した。

55型を17万円前後、65型を25万円前後で売り出す。バックライトの発光ダイオード(LED)を部分的に制御する独自技術を搭載し、明暗の差をくっきりさせて鮮やかに見せられるという。



スポーツなど動きがすばやい映像でもなめらかに見えるように、各コマの画像の間を自動で補正する機能も載せた。ハイセンスが公式スポンサーを務める2018年のサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で購入してもらえるように販促に力を入れる。

画面下部にスピーカーを配置し、画面から直接音が響くような構造にして従来機種より迫力が出やすくした。インターネットに接続することで動画配信サービス「ネットフリックス」や「ユーチューブ」も利用できる。 11月には50型の4K液晶テレビも価格を抑えて販売する。

低価格製品の需要が高まっていることから、旗艦モデルと両輪で市場を開拓する。