sty1712010006-f22018年からスタートする「新4K8K衛星放送」の開始1年前となる12月1日、野田聖子総務大臣、総務省や、各放送事業者やテレビメーカーなどが集まり、今後の周知広報に向けた取り組みなどを説明する「新4K8K衛星放送開始1年前セレモニー」が開催された。主催は放送サービス高度化推進協会(A-PAB)。

新しい放送の正式名称は「新4K8K衛星放送」に決定。新たなロゴマークも発表された。また、4K8K放送の周知広報の顔となる“推進キャラクター”として女優の深田恭子さんを任命。野田総務大臣から任命状が手渡された。

現在のBS/110度CS放送は、それぞれの衛星から「右旋円偏波」(衛星から見て時計回りに回転する)で伝送される方式。この方式での伝送帯域は現在のチャンネルでほぼ一杯になっており、新たにチャンネルを追加したり、より高精細な(データ量の多い)映像を送るには足りない状況となっている。



sponichin_20171201_0099_0 '18年12月から予定されている新4K/8K衛星放送では、これに加えて「左旋円偏波」(反時計回り)での伝送も新たに開始。現在の衛星放送サービスの帯域である12GHz帯に、右旋/左旋の両方を収められ、1本の同軸ケーブルで右旋/左旋を同時に伝送できる。

 なお、現行の地デジと同様に、BS/110度CSデジタルのハイビジョン(2K)放送は、新4K8K衛星放送が始まっても、これまでのテレビやチューナを使って、視聴できる。

 なお、現在販売されている4Kテレビだけでは受信できず、新4K8K放送に対応したチューナを追加購入するか、対応したチューナ内蔵テレビを購入する必要がある。チューナや対応テレビの発売時期は'18年夏~秋の見込み。アンテナも、各メーカーが現在販売している右左旋対応のモデルが必要。ブースターなども対応機種が販売されている。