北米時間2017年12月11日,映像技術の標準化団体であるVESA(Video Electronics Standards Association)は,HDR表示が可能なディスプレイの規格である「VESA High-Performance Monitor and Display Compliance Test Specification」(別称:DisplayHDR,以下 別称表記)のVersion 1.0を発表した。


 「DisplayHDR 400」「DisplayHDR 600」「DisplayHDR 1000」というスペックの異なる3種類の基準を設けて,HDR対応液晶ディスプレイ,あるいはHDR対応液晶ディスプレイ搭載ノートPCがその仕様を満たしていることを消費者に分かりやすい形で示すためのものだ。  なお,今回のVersion 1.0は,HDR対応液晶パネルを採用するディスプレイやノートPCを対象としており,HDR対応有機ELパネルやそれ以外のディスプレイ技術については,今後のバージョンで追加していくそうである。
Move to full article