koito led fig1小糸製作所は、より自然光に近い発光が実現できる白色LED(発光ダイオード)用の新たな赤色蛍光体を開発したと発表した。  
開発した新赤色蛍光体「フォルプ」は、リン酸フッ化物を母体とした結晶構造を持つ。紫の光を吸収し、高い変換効率で赤色の光を放つ。
従来の赤色蛍光体とは異なり、この過程で青や緑、黄色領域の可視光をほとんど吸収しないため、色ずれを起こさず安定した白色光が得られるという。



 今後生産技術をさらに高める。同社研究所は商品を照らすディスプレーやスタジオなど屋内用ライトにおいて、同蛍光体活用の可能性があるとみている。  研究開発は東京工大、名古屋大と共同で実施した。
株式会社小糸製作所(社長:三原 弘志)は、東京工業大学(学長:三島 良直)の細野 秀雄教授の研究グループ、名古屋大学(総長:松尾 清一)の澤 博教授の研究グループと共同で、新しい「白色LED用赤色蛍光体FOLP:Eu2+ (Fluorine Oxygen Ligand Phosphor)」の開発に成功しました。
 FOLP:Eu2+は、紫外~紫(315~420 nm)の光を吸収し、高い変換効率で赤色発光しますが、青~黄色領域の光に対し殆ど吸収を示さない大きなストークスシフト※1を持っています。この特性により、白色光を得るために青、緑、黄色等の他色の蛍光体と混合したとき、他の蛍光を再吸収しないため、色ずれを起こさず、安定した色度の白色光が得られます。  従来の白色LEDは赤成分の不足により、十分な演色性※2が得られませんでした。
そこで赤色蛍光体を追加実装し、高演色化を図っています。現在、白色LEDに使われている赤色蛍光体は、紫や青だけでなく、黄色領域までの可視光を赤色光に変換してしまうため、色ずれの原因になっていました。これに対し、今回開発したFOLP:Eu2+は、特異な結晶構造により、その問題を払拭することができる蛍光体です。

Continue to full article