台湾・鴻海精密工業は29日、保有するシャープのC種種類株をすべて売却し、約2524億円の売却益を得ると発表した。売却先は鴻海グループ企業の役員や従業員で構成する持ち株会社で、英国領ケイマン諸島にある「ESプラットフォーム」。売却は2018年1月30日を予定する。



鴻海はグループの役員と従業員に、シャープの企業価値を高める動機を持たせるためのインセンティブ制度を構築するとしている。シャープも26日に開いた取締役会でこの売却に同意した。鴻海には2017年12月期の通期決算を前に利益を確保する狙いもあると見られる。

C種種類株は鴻海グループがシャープを買収した16年8月に、シャープが発行した議決権のない種類株式。鴻海グループが買収時に出資した3888億円のうち1000億円にこのC種種類株を割り当てた。今回の売却によって鴻海グループによるシャープへの出資比率64.77%が変わることはない。