一般的に、CESでもどこでも、ある会社が製品に「AI搭載」と謳(うた)うときは、一種の大言壮語だと思ったほうが良い。そして、今朝行われた、あまりぱっとしなかったLGのプレスカンファレンスでも、確かに大言壮語は行われていた。
LGは、AIをこれまでになくスマートなやり方で適用することを発表したのだ。すなわちコンピュータービジョンを用いたインテリジェントな映像の改善である。



誇大広告に騙されやがってと非難される前に言わせて貰うなら、この機能は全く不要な代物で、多くの場合、よろしくないアイデアだ。
高品質で正確に較正されたディスプレイパネルは、それだけで素晴らしい画像を見せてくれる。これに対してモーション補間やインテリジェントな細部の改善を加えてもおそらくそれを悪化させるだけのものだからだ。しかし、私はそれはクールなアイデアだと思った。

Read full article