テレビ受信チューナー内蔵の19型液晶モニターを出荷した。新製品は,PIP(picture in picture)機能を採用し,テレビとインターネットの画面の分割表示が可能である。 スピーカーは本体一体型である。  
新製品は,セットトップ・ボックスと連結し,HD級デジタル放送(解像度1280×1024)が受信できる。応答速度は12msで,動画像表示やゲームに最適化している。また,PCのアナログ信号だけでなく,デジタル信号の受信も可能とし,鮮明な映像を実現する。
パソコン向けモニターは,インターネット検索や業務のための単純なディスプレイではなく,総合的なコンテンツを提供するものへ進化しており,多様なアプリケーションが可能なモニターに人気が集まっているという。(加瀬談士=韓国ソウル発,詳細はhttp://www.devicetimes.com/を参照)