北京市に本拠を置く液晶パネル中国最大手、京東方科技集団(京東方、BOE)は、福建省福州市の第8.5世代液晶パネル工場の建設で生じた債務63億元(約1,080億円)の返済免除が決まったと発表した。福州市政府が補助金として、債務を肩代わりする。

[元記事] 京東方63億人民幣貸款 獲政府豁免