大型液晶パネル需給の底入れが近づいているとみている。
理由は、1)指標性が高いと考える32型/55型パネルの価格が落ち着きを見せつつある、
2)大手TVブランド、パネルメーカーの製品・パネル在庫、及び製品の流通在庫はほぼ正常水準に戻っているとみられる、
3)2018年暦年の大型パネル生産能力(面積ベース)は6.6%増、生産量は6.7%増であり、需要の5.0%増と大きな乖(かい)離はないと予想、の3つである。


まず、パネル価格と在庫について。2018年1月の32型(オープンセル、HD)最低価格は62~63米ドル、平均は65米ドル程度とみられ、パネルメーカーは十分な収益を上げている。パネル価格は落ち着きを見せつつある。3月に向けて下げ余地は狭まり、60米ドルを大きく下回る可能性は低いとみる。
32型、55型とも生産能力が最も大きいG8工場で生産されており、テレビブランドにとっても主要サイズとなっている。この2サイズのパネル価格の下落に歯止めがかかりつつあることは、パネル需給にはポジティブである。
Move to full article