1987年にカリフォルニアで設立され、昨年(2017年)に創立30周年を迎えた米国のディスプレイメーカー、ViewSonic。日本市場にはCRTモニター時代に参入したが、その後撤退。しかし、2015年より再参入を果たし、2017年からは幅広い製品ラインナップを揃え、新体制で再スタートを切っている。  そこで、ViewSonicの日本市場への取り組みや、製品の特徴などを聞いてきた。あわせて、同社が日本市場に投入する製品も紹介する。
また、世界で初めて3DプロジェクタやフルHDレーザープロジェクタを発売するなど、優れた開発技術も備えている。実際に海外では、さまざまな賞を受賞し、顧客満足度No.1の評価も得ており、米国では高品質ディスプレイメーカーとして認知されている。
今回は、ViewSonic日本法人である、ビューソニックインターナショナルのディレクター、Jerry Peng氏に話を聞いた。


また、Peng氏によると、日本市場への参入は、製品販売への期待が高まっていることもあるが、ViewSonicの製品の品質をさらに高める目的もあるという。日本の消費者は品質に厳しく、非常にレベルの高い製品を求めるため、そういった市場に参入することで、全体の品質を高めることに繋がると考えているそうだ。

 日本市場への再参入にあたっては、サポートにも力を入れており、スタッフ全員が日本人で構成されたサポートセンターを日本に置いて展開してきたが、2018年3月より、さらにサポート品質を高めるため体制を新たにし、日本の消費者が求める品質やサポート体制を提供していくとのことだ。

Move to full article