東京大学と慶応義塾大学は、自由に飛び回りながら光るコメ粒くらいの大きさの発光ダイオード(LED)ライトを開発した。超音波を使って浮かし、無線で電気を供給してLEDを光らせる。
空中に映像を浮かびあがらせるディスプレーなどに応用できるほか、センサーなどを搭載して飛ばすなどあらゆるモノがネットにつながるIoTの分野で様々な使い方が広がりそうだ。


高宮真東大准教授らが開発したライトは、直径が4ミリメートルの半球形で、プリント基板にLEDやIC、コイルなどの部品を搭載した。
無線で送られた電気でLEDを光らせるICを独自に開発して縦横1ミリメートルに収まるよう小型化。全体の重さを16ミリグラムと軽くして超音波でも空中に浮くようにした。
電磁誘導方式で電気を送り、空中に浮かんだライトを光らせる。
Move to full article