昨年11月に発売した「iPhone X」は、ホームボタンを廃止し、顔認証機能「Face ID」を搭載することによって、初のフルスクリーンデザインを採用したiPhoneとして誕生した。フルスクリーンになって以前よりもコンパクトで持ちやすく、使いやすい端末になったiPhoneだが、一部ユーザーからはノッチデザインに対して不満の声が挙がっていた。

これらの声を受けて、Appleは2019年モデルでノッチの小型化を行う可能性が報じられていたが、「小型化」のさらに上をいく「廃止」という選択肢をAppleが持っていることが明らかに。業界に詳しい人物の話によると、すでにAppleはサプライヤーなどの関連企業と話し合いを行なっている段階であるという。



画面解像度やディスプレイの形状などについての具体的な仕様に関する情報は明らかになっていない。ただし、ETNewsによると、「端末前面のほぼ全てを覆ってしまうような長方形なディスプレイ」が搭載される可能性が高いとのこと。

 また、ノッチが廃止されるものの、搭載される生体認証機能は引き続き「Face ID」となる予定であるようだ。これにより、顔認証による画面のロック解除が可能。ただし、これらのセンサーなどがどこに配置されるのかも分かっていないという。

ちなみにETNewsによると、Appleは2018年に有機ELディスプレイを搭載した新型iPhoneを2種類(5.85インチと6.46インチ)、そして液晶ディスプレイを搭載したモデルを1種類(6.04インチ)発売する予定であるとのこと。これらすべてのモデルで「Face ID」が搭載される予定となっており、端末上部は現行の「iPhone X」のノッチデザインを踏襲するが、このノッチ部分は僅かに小型化するものとみられている。