180310_sharp_02
シャープは、2018年3月8〜11日に、中国・上海の上海国際博覧センターで開催されている「中国家電消費電子博覧会(AWE)2018」に出展。104型パネルを8枚組み合わせた8Kディスプレイで「宋版清明上河図」を展示し、来場者の注目を集めた。
シャープの代表取締役社長の戴正呉氏もシャープブースを訪問し、「両岸(台湾と北京)の故宮が所蔵する清明上河図の作品が、シャープの8Kディスプレイで結びつき、世界で初めて披露することができた」とコメント。「ルーブル美術館など、海外の著名な博物館では、4Kで撮影された作品はあるが、今回のシャープ8Kと故宮のように、深くて広いコラボレーションは業界でも初めてのことになる。近いうちに、多くの中国の人たちに、お見せできる」などとした。


 2月11日に、台湾台北市で開催した鴻海グループの忘年会では、シャープ 8Kディスプレイをつなぎ合わせて作った26メートルの巨大スクリーンに、台湾の故宮博物院が所蔵している「清院本清明上河図」を再現していた。
シャープの戴社長は、社長就任以降、海外視察を積極化しており、自らが、シャープの「ブランド大使」となり、日本以外での大型イベントへの出席を増やしている。  今回の中国家電消費電子博覧会への訪問も、ブランド大使として、シャープブランドの海外での訴求を目的としており、現地メディアの取材などにも対応した。
Move to full article