デンソーがパナソニックとソニーの有機EL事業を統合したJOLEDに出資することが20日、分かった。デンソーは300億円程度を出資して産業革新機構に次ぐ主要株主になる見通し。
JOLEDは低コストで生産できる印刷方式の有機ELの量産に向け、1000億円の増資を行う予定で、4~6月期には増資計画の全容を固める方針だ。



 JOLEDの増資にはデンソーのほか、パナソニックやソニー、住友化学なども応じる方向で調整している。ほかにも国内外の部材メーカーや商社などと増資を引き受けてもらう交渉を続けている。JOLEDは現在、株主で中小型液晶パネル大手、ジャパンディスプレイ(JDI)の石川工場(石川県川北町)を間借りして有機ELを生産するが、量産に向けJDIが昨年末に稼働を停止した能美工場(石川県能美市)を引き継ぐ予定だ。