ソニーは、米国ラスベガスにて現地時間4月9日(月)から開催される国際放送機器展NAB(National Associations of Broadcasters)2018」に出展「Beyond Definition」をテーマに、次世代放送を見据えた最新製品群及び、高画質かつ高効率な映像制作ソリューションを幅広く提案しています。
4K映像やハイダイナミックレンジ(以下、HDR)の制作システム、8K 3板式カメラシステム『UHC-8300』、映画制作用のCineAltaカメラ『VENICE』などの最新カメラシステムの展示に加えて、展示会への出展としては最大となる440インチサイズのCrystal LEDディスプレイシステム(8K×4K構成)を通して、業界初となる8K 120p映像を上映するなど、これまでにない高画質と没入感による新たな領域の映像体験を提案します。


 2. 4K/8K/HDRの高付加価値映像でライブ制作を実現するシステムとワークフロー さらに進化したHDR映像制作ワークフロー“SR Live for HDR※2” ソニーは、スポーツ中継や音楽ライブなどのライブ映像制作領域において、高画質な映像を効率的に制作するソリューション“SR Live for HDR※3”を推進しています。カメラ性能を最大限に生かすシンプルなシステム構成で、4K HDR/HD HDR/HD SDRの映像を同時に制作することが可能です。HDR制作における欠かせないソリューションとして、国内外での制作事例が広がっています。
Move to full article