今なお、家電の王様として一目を置かれる「テレビ」。4Kが買いか、フルHDで十分か。8Kは普及するのか。HDRは必要か。有機ELか液晶か。話題に事欠かないテレビの未来について、ソニーで「WEGA」や「BRAVIA」を成功に導いた映像技術者で、現在はアイキューブド研究所を率いる近藤哲二郎氏に聞いた。
- 家電量販店では4Kテレビがずらりと並び、また2018年12月1日に放送が始まる8Kが話題になっています。しかし近藤さんは、4Kや8Kはテレビの映像技術のトレンドではないと主張しています。  

(日本のテレビの父と呼ばれる)高柳健次郎氏が、ブラウン管を使って片仮名の「イ」の文字を映し出したのが1926年。そのときの走査線は40本でした。それから長年にわたって、走査線を増やす「帯域の拡大」の開発が続きます。40本から100本、そして245本というように、テレビは走査線数を増やしていきました。


さて、今後もテレビの高解像度化、すなわち帯域の拡大は続くでしょうか。

 「帯域への要求はなくなった」というのが私の考えです。なぜなら、解像度について言えば、人間の目のセンサーは650万画素しかありません。これ以上に高解像度化しても、人間の目には判別できないのです。
そう考えると、2K(フルHD)と4Kの間に「満腹ライン」があると言えます。テレビの帯域には解像度の他に、ビット深度、フレームレート、色域、輝度(ダイナミックレンジ)などがありますが、いずれも帯域拡大の価値は小さくなってきています。
Move to full article