AppleがMicroLEDディスプレイの開発に向けて準備を進めている、と報じられていますが、Appleの最大のサプライヤーであるFoxconnが、MicroLED技術に強みを持つ台湾企業の大株主になろうとしている模様です。

Apple最大のサプライヤーであるFoxconnが、MicroLEDの製造技術を持つ台湾企業Epileds Technologiesの株式の7.32%を、元の株主であるCatcher Technologyから取得した、とサプライヤーの動向に詳しい台湾メディアDigiTimesが報じています。

 Foxconnは今後、Epileds Technologies株をさらに2,000万株を購入し、最大の株主になる計画を持っている、とのことです。



Appleが独自に、MicroLEDディスプレイ技術の研究開発を進めているようだ、と3月に報じられた際は、Appleにディスプレイを供給するシャープやSamsungなどサプライヤーの株価が大幅に下落するなど、注目を集めました。
 
AppleはiPhoneのA11プロセッサなどを供給しているTSMCなどと共同で、複数のサイズのMicroLEDディスプレイの開発を進めているとも報じられており、小型ディスプレイはApple Watch、大型のものはMacBookシリーズに採用されるのではないかと予測されています。
 
4月には、Appleが「PixelLED」と呼ばれる独自技術を持つ台湾企業PlayNtrideとMicroLEDディスプレイの製造について協議している、とも伝えられています。

売上高のうち半分以上をAppleに依存するFoxconnとしては、今後のApple製品に採用される可能性が高いMicroLEDディスプレイの技術を取り込む狙いがあると思われます。
 
MicroLEDディスプレイは、0.1mm未満の超小型LEDを高密度に配置する構造を持ち、省電力でコントラストや色の再現性に優れており寿命も長いほか、有機EL(OLED)に発生する「焼き付き」が起きにくいというメリットがありますが、現段階では製造コストが高いのが難点とされています。
 
3月には、Appleが韓国でMicroLED関係の特許を34件一気に申請したことも判明しており、韓国企業のSamsungやLGの動きを牽制するためではないか、とも言われています。