MMD Singapore Pte Ltdは9日、日本市場初の「DisplayHDR 1000」対応となる、PHILIPSの42.5型4K液晶ディスプレイ「436M6VBPAB/11」をメディア向けに披露した。5月25日発売で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は119,000円前後。DisplayHDR 400対応の「436M6VBRAB/11」も89,000円前後で同日発売。
 クラス毎の違いとして、HDR 1000では最高輝度1,000cd/m2、全画面最低輝度600cd/m2で、色域はBT.709 99%以上と定められている。HDR 400は最高輝度400cd/m2、全画面最低輝度320cd/m2、BT.709 95%以上と規定。映像処理は10bit以上が必須となる。


 策定にはLG ElectronicsやSamsung、Dell、AMD、Microsoftなど数多くのメーカーが関わっており、PHILIPSもその一員として参加。最初のディスプレイとして製品化した。
HDR 1000対応の「436M6VBPAB/11」は、4K/3,840×2,160ドットのVAパネルを採用し、画面全体の32箇所で明るさを調節するローカルディミング(LEDエリア駆動)に対応。最大輝度1,000cd/m2というハイダイナミックレンジにより、「日中の光の眩しさや暗部のディテールを再現できる」とする。コントラスト比は4,000:1(スマートコントラスト時は最大5,000万:1)。応答速度は4ms(GTG)。視野角は上下左右178度、表面はノングレア。
Move to full article PHILIPS、日本初「DisplayHDR 1000」対応4K液晶を披露