サイエンスとテクノロジーの分野における世界有数の企業であるMerck(以下メルク)は5月14日、米国カリフォルニア州のロサンゼルス・コンベンションセンターで開催される「情報ディスプレイ学会(SID)ディスプレイ・ウィーク2018」で、「Power to the Pixel – 次世代ディスプレイ材料」をテーマに、幅広いディスプレイ・ソリューションのラインナップを展示します。
この展示会にて、メルクはLicristal(R)のサブブランドの新製品として、高性能液晶単品材料のXtraBright™(透過率向上)、XtraBoost™(品質と信頼性向上)、XtraBrilliant™(コントラスト向上)を発表します。



メルクのディスプレイソリューションズ事業統括責任者のマイケル・ヘックマイヤーは次のように述べています。「メルクはディスプレイ産業のパートナーと緊密に協力し、次世代のディスプレイの実現に向けて、正確に目標となる物性値や品質に対応する新しい高性能のソリューション開発に継続的に取り組んでいます。50年前に最初の液晶ディスプレイ(LCD)が開発されて以来、変化の激しい市場をリードするサプライヤーとして、メルクが設計の改善、製造プロセスの効率化、光学特性の改善を可能にする革新的な材料を供給し続けてきたことを自負しております。これからも、私たちは広範な知見と専門性をいかし、ディスプレイ向けに加え、ディスプレイ分野を超えた液晶のソリューションとアプリケーションを開発していきます」

1668年にブリードリッヒ・ヤコブ・メルクが設立した会社は、世界最古の医薬・化学品会社「メルク」となりました。そして現在、グローバルに展開するサイエンスとテクノロジーの企業となり、350年にわたり好奇心を原動力に人類の進歩に貢献する事業を続けてきました。だからこそ、メルクは20世紀初頭より液晶の応用研究の先駆者として、ディスプレイ材料を幅広く提供しています。そして今年、世界初のLCD開発から50年となるのを記念し、メルクはSIDディスプレイ・ウィークにて産学界の著名な講演者を招いて開催される記念イベントに協賛します。メルクからは、ディスプレイソリューションズ事業部開発担当シニアバイスプレジデントのマーク・ヴェラールが「The (R)evolution of Liquid Crystals (液晶の発展/革命)」と題して講演を行います。

現在と将来のトレンドを見据え、メルクは液晶ミクスチャー物性値改善のための大きな開発投資を行い、革新的な液晶単品材料を生み出す開発力を強化しました。透過率とコントラストの向上、品質と信頼性の強化に注力して最先端の液晶単品材料の改善を重ね、新しい高性能液晶材料「Xtra™」にて、あらゆる面で最高性能を実現しました。この最新かつ最高性能の液晶単品材料は、究極の透過率を達成したXtraBright™、優れたコントラストを持つXtraBrilliant™、無比の信頼性を誇るXtraBoost™の3つのカテゴリーに分かれます。メルクは、現在のディスプレイ市場のトレンドに合わせて、設計の可能性を広げディスプレイ製造における費用対効果を上げ、Licristal(R)サブブランドとして、液晶単品材料とミクスチャーを継続的に開発・量産化しております。メルクは、お客様との密接なパートナーシップを通し、それぞれカスタマイズされた液晶ミクスチャーに最適な組み合わせで高性能の「Xtra™」シリーズの単品材料を配合し、求められる特性を満たすことができます。