明日6月8日からの発売を控える、パナソニックの4K HDR対応有機ELテレビ“VIERA”「FZ1000」シリーズと「FZ950」シリーズ。同社スタッフに追加取材を行ったのでレポートしたい。
両シリーズともに、映像エンジンに最新の「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載するなど、映像処理をさらに進化させ、高画質化を図ったモデル。FZ1000シリーズは65型の「TH-65FZ1000」(予想実売価格70万円前後)と55型の「TH-55FZ1000」(50万円前後)の2モデル、FZ950シリーズは65型の「TH-65FZ950」(65万円前後)と55型の「TH-55FZ950」(45万円前後)の2モデルをラインナップする。


画質面の性能は両シリーズとも共通で、主な違いはスピーカーだ。FZ1000シリーズはテレビ画面本体とは別筐体の「Tuned by Technics」スピーカーを搭載している。2017年モデルのEZ1000とEZ950では画質面にも差を設けていたが、最新モデルでは画質性能を同等にし、外部スピーカーの有無で製品を選択できるようにした。
Move to full article