北米電気車(EV)市場で韓国産バッテリーを搭載した電気車が苦戦を強いられていることが明らかになった。

11日、北米電気車専門メディア「Inside EVs(インサイド・イーブイス)」が集計した5月の北米電気車(BEV・PHEV)販売量によると、テスラ「モデル3」が6250台で今年に入って5カ月連続で1位を占めた。次いでトヨタ「プリウス・プライム」は2924台で2位、テスラ「モデルS」と「モデルX」はそれぞれ1520台、1450台で3、4位を占めた。



  反面、韓国産バッテリーを使っているGMシボレー「Volt」と「Bolt」は5位と6位をそれぞれ占めて、4月よりワンランク落ちた。業界は、韓国産バッテリーを搭載している有力電気車モデルが多くないため、テスラと日本の電気車販売がこのまま維持される場合、韓国産バッテリーも位置づけが狭くなっていくという見通しだ。

  ある業界関係者は韓国メディア「電子新聞」とのインタビューで「全般的に現代車を中心にした北米電気車の対応強化が必要な状況」としながら「国産バッテリー企業も電気車完成車メーカーとの戦略的対応が重要だ」と述べた。

  現代車と起亜車は韓国産バッテリーを搭載しているスポーツ用多目的車(SUV)型電気車「コナ・エレクトリック」(Kona Electric)」と「ニロEV(Niro EV)」を年内に北米市場で発売する予定だ。