「iPhone」の新しい2018年モデルを購入する消費者は、有機ELを搭載する高額なバージョンよりも、液晶画面を搭載する低価格版を選択する可能性がある。  

Appleは、9月に発売が期待される2018年モデルとして、有機EL画面を搭載する2種類のiPhoneを用意しており、従来の液晶画面を搭載するモデルは1機種しか提供しないとうわさされている。だが、液晶画面搭載版は価格が低く、販売台数も多くなる見込みだと、 The Wall Street Journal(WSJ)はAppleのサプライチェーンに関わる複数の人物の話として報じている。



 Appleの現行版iPhoneの中で、高精細な有機EL画面を搭載するモデルは、価格が999ドル(税別11万2800円)からの「iPhone X」の1機種だけである。液晶画面を搭載する「iPhone 8」の最低価格699ドル(税別7万8800円)と比べると高額であることから、iPhone Xの売れ行きは期待を下回ったとみられる。

有機EL画面は液晶画面よりも薄く、画質も高いが、Appleにとっても液晶画面よりも製造コストが高くなる。サムスンとLGが、2018年版iPhoneの有機EL画面を供給する見込みだとWSJの記事には記されている。